βグルカン健康食品の正しい使い方

βグルカン摂取量は体調体質で加減

βグルカン (ベータグルカン)は必ず決まった量を飲まなければならない性質の成分ではありません。だから、決まった量を続ける必要性も義務も無いのです。 7/29

自分で体調体質を感じながら、日ごとにβグルカン摂取のタイミングを変えることも自由です。さらに、摂取量の増減も自身の判断で適宜に変更することは全く問題ありません。無理して摂る必要が無いことは、非常に気楽に利用できるβグルカンの特色の一つです。

多くのβグルカンを食べるほど、良い実感を感じる体質の人がいる一方で、ほんの少しの量のベータグルカンでも十分な実感を得られる人もいます。個人の体調体質の違いで、βグルカンに対する感度の差も大きく、適正な摂取量が違ってくるのです。

無理をなく、ストレスも無く、ほどよい量と回数をタイミングよく摂ることで、βグルカン本来の機能性が期待されるのです。