βグルカン健康食品の正しい使い方

βグルカン摂取の最大量は?

栄養素としてのβグルカン (ベータグルカン)は食べ過ぎても副作用や弊害は無いため、誰にでも安全な利用が可能です。βグルカンを過剰摂取してしまっても、小腸で吸収されない分量は通過してしまいます。その後は大腸で腸内洗浄に貢献した後で、体外に排出されるのです。小腸以降の挙動は食物繊維を利用した一般的なダイエットサプリメントの機能性そのものだとも言えます。

上記のように、βグルカンは食べ過ぎた場合でも、主成分が直接の原因となって副作用や弊害が起こるリスクは無いと言えます。

強いて挙げるなら、発生する可能性があるのは一般的な食品・食べ物と同じ「単純な食べ過ぎ」での満腹です。 純度が高められたβグルカンは、見た目には微少量に見えても「満腹になり易い食材」です。理由は、微少量でさえも成分の殆どが純粋な食物繊維であるため、非常に大量の食物繊維が含まれているのと同じ本質だからです。健康状態によらず空腹時に「山盛りの野菜だけの食事」を食べると、多くの人は軽い胃もたれ感を感じ易いはずです。空腹時にβグルカンを摂取することは、この「空腹時の山盛り野菜」に等しい食材なのです。これを念頭に置いて摂取量を加減することで、ご自身にとって負担の無いβグルカンの適量が計られるのです。

具体的には、1回に4, 5粒もの大量摂取が平気な方がおられる一方で、1回に1, 2粒でも十分な実感を感じる人もおられます。個々人の体質体調によって適量は大きく異なるのはこのためです。

βグルカン本舗で勧めている摂取量の目処は1回2粒程度(1日2, 3回)です。それ以上の大量摂取は推奨していませんので、各位にて試行錯誤して頂くことになります。いづれにせよ、上限の目安は満腹感や胃もたれに負担を感じないことが条件となります。

『オルタスβグルカン85』は少量摂取でも十分な内容成分としてのβグルカンが効率摂取できるので、少量摂取で十分な量のベータグルカンが吸収できます。だから、1回2粒程度(1日2, 3回)の摂取量で十分なので、それ以上は過剰摂取気味だという前提でご利用下さい。