βグルカン健康食品の正しい使い方

βグルカンを最高効率化する飲み物とは?

βグルカン (ベータグルカン)の機能性を最大化するためには「食間に水だけ」で摂取することが最も重要です。貴重なお金を費やして購入したβグルカン製品を「モッタイナイ」使い方で無駄にしたくないものです。

βグルカンは安定な成分なので、冷水でもぬるま湯でも大丈夫。コップ半分から1杯程度の少し多目の水でシッカリ流し込みつつ摂取するのが良いでしょう。

βグルカンを お茶やコーヒー、ジュースと混ぜて摂取することの可否が問われますが、「水」が最適で水以外は全て不適です。不適な原因は、水以外の飲料に含まれている「たんぱく質、脂質」です。『オルタスβグルカン85』のような高純度βグルカンは、不純物である「たんぱく質、脂質」を除去精製するために時間と費用を掛けた結果として、吸収性が高まり機能性が最大化されています。丹精こめて除去した「たんぱく質、脂質」なのに、たんぱく質や脂質が含まれた飲料や食事に混じってしまうと、βグルカン分子がに不純物に包み込まれてしまいます。これではβグルカンがマクロファージに接触できません。 お茶やジュース、コーヒーとβグルカンを同時に摂取すると害は無いのですが、いわゆる「モッタイナイ」状態になってしまうのです。

βグルカンの最高効率を目指すなら水だけでの摂取が最善です。しかし、諸事情が原因で水だけでは摂れない場合もあるでしょう。その場合には、βグルカンを摂らないよりも、少量でも摂ることでβグルカンの吸収と機能性に期待することになります。効率の低下は不可避でも、高純度βグルカンを利用すれば効率が低下してもまだ少なからず機能性が残せるのです。