βグルカン健康食品の正しい使い方

最適なβグルカンの摂取量

純度の高い高品質なβグルカン (ベータグルカン)ならば、タイミングよく摂る前提なら、少量を食するだけで内容としては大量のベータグルカン成分を摂取することになります。 カプセル1粒、スプーン半分程度の粉末を一回分の分量とした場合、見た目には少量に見えます。しかし、この中には成分としての分子レベルで非常に多量のβグルカンが含まれているのが、超高純度ベータグルカン『オルタスβグルカン85』の最大の特徴です。

予防に用いるならば、1回に1カプセル(粉末タイプなら1回0.5杯)程度が妥当でしょう。それを1日に1回もしくは 2回、できれば食間に利用するのが望ましいです。

一方、対処すべき問題が具体的にある場合なら少し多めに、1回2カプセル(粉末の場合なら1回1杯)程度が妥当でしょう。その場合でも、1日2回程度の利用は変わらず、食間が推奨されます。

なお、βグルカンの適量は個人差が大きいことに留意する必要があります。いかに優れた製品でも過剰摂取は本末転倒を招きかねます。

初めてのβグルカンは、まずは1日1回1粒。そこからご自身の体調変化を見ながら増量することが賢明です。特に増量の上限は設定されていませんが、満腹感まで達しない範囲で一回の量を加減して下さい。

良質のβグルカンなら少量で十分なので、過剰摂取の必要性すらないのです。