βグルカンで明日を拓くための

βグルカン食品の正しい使い方

βグルカン (ベータグルカン)の効率を最高にできるタイミングとは?高純度のβグルカン製品を高純度のままに最高効率で摂取するための方法。
良いβグルカンをタイミングよく摂れば、少量を食するだけで大量のベータグルカン成分を摂取できます。
無理なく楽にベータグルカンを摂取できる時間を見つけて習慣化することが重要です。
βグルカンを、お茶やジュース、コーヒーで摂取すると「モッタイナイ」状態になってしまいます。
究極の成分であるβグルカン(ベータグルカン)に限らず、どんなに優れた健康食品でも過剰摂取は避けるべきです。
βグルカンは食べ過ぎた場合でも副作用や弊害が起こるリスクは無いのですが、「満腹」になるまで食する必要性もありません。
自分自身の体調変化を感じていれば、過剰摂取にならない程度、つまり「自分にとってのβグルカンの適量」が自然と見つかります。
βグルカンの摂取量は、体調に合わせて適宜に増減できます。
不純物が除去されたβグルカン分子をタンパク質や脂質が包み込んでしまうのを避けたいのです。